育毛剤でフサフサヘアを|より効果的に発毛する

男性

病院での脱毛治療

男の人

どのような治療をするのか

近年、薄毛で悩む人が増えており、そのため病院の皮膚科で治療をしてくれるようになってきました。一言で薄毛といってもさまざまな原因があります。皮膚科で診察してもらう場合、フケや脂質の多さなど頭皮の状態を観察してもらいます。そして原因が脂漏性皮膚炎や接触性皮膚炎などの炎症によるものか、ストレスや自己免疫異常などによる円形脱毛症なのかを判断してくれます。その結果、炎症などがある場合はそれらを治療しつつ、薄毛治療も行なってくれす。薄毛治療は薄毛の原因である男性ホルモンを抑制させる働きがある薬剤の投与となります。これによって薄毛の進行を止めて現状維持ができるのです。一般的には約30日分処方して様子を見ます。そして副作用など問題がなければ3ヶ月投与となるケースが多いとされています。

病院での治療のメリット

薄毛治療といえばAGA専門クリニックを思いつく人が多いのですが、この施設はまだまだ地域的に限られている現状があります。一方、皮膚科の場合はそのようなことはありません。そのため皮膚科での治療となるケースが多くなります。とはいっても専門クリニックと比べ「治療実績が少なく、専門性に乏しいのでは」と不安に感じている人もいます。しかし薄毛で悩んでいる人はどの地域にもたくさんいるので、薄毛治療や知識を勉強している皮膚科もたくさんあります。皮膚科での治療は専門クリニックのような細かい検査や発毛プログラムが無いことが多く、その分費用は安くなります。また両者とも自由診療となりますが、円形脱毛症や脂漏性脱毛症などの皮膚の病気による脱毛症なら保険診療になる可能性も否めません。ただし、全ての皮膚科で薄毛治療を最適に行うわけではなく、事前に問い合わせてみる必要があります。